薄毛にならないためにストレスをためにくい私のリラックスタイム

私が高校時代に経験した薄毛は、新しい環境に適応できないことなどにより発生したストレスが原因であると感じました。そんなストレスを解消するために私が大学生になってから実践してきたことを紹介します。大学生になると高校時代以上に自分の時間が増えます。もちろん、アルバイトもしていましたが、それ以上に外に出掛けて色々な経験をしました。まず、視覚障害者のボランティアを始めたことで、様々な場所に出かけることが増え、プライベートでも出かけてみたいと感じるようになりました。もちろん女性用育毛剤のヘアージュを使うのも一つの方法です。
そこで感じる風景や立ち寄った場所、聞いた音楽などすべてを体で感じて過ごすことで、毎日の生活に対する不安がなくなり、アルバイトも充実していたので悩むことなく過ごすことができました。あとはまったのは、友達とでかけたり1人でこっそりでかけたりするカフェ巡りでした。各所にあるおしゃれなカフェに入るだけで癒されます。そこで流れていたジャズが気に入り音楽鑑賞が趣味になりました。
Jポップはもちろん聞きますが、それ以外にもジャズ、癒しの音楽、ボサノバなど年々様々なジャンルの曲が好きになっていきました。それから自分の部屋にインスタントコーヒーやコーヒーミックス、お菓子などをおいて部屋をカフェ風にして音楽を聴くことが何よりも癒しの時間になりました。それ以外にも学生時代からはまっているのがアロマテラピーです。きっかけは、友人から誕生日プレゼントにもらったアロマオイルのセットでした。オイルの香りを嗅ぐだけでも癒されました。
部屋中に漂うアロマオイルの香りに包まれて勉強したり、考え事をするのが現在も至福の時です。最近のマイブームとしては、2年前に雑貨屋さんで見つけたことをきっかけに始めた茶香炉をたしなみお茶の香りに親しんでみたり、あとはスマホやタブレットなどでYouTubeで北欧の生活ぶりやスローライフの動画を見て癒されたり、音楽を聴いたりすることも最近の楽しみです。
車を運転していても手軽に音だけでも楽しむことができるので色々気分転換したいときに実践しています。また、車を運転していてマンションの明かりや地元の高層ビル街などの夜景を見ることも楽しみの1つです。出先で自宅に帰るとき坂道の高い部分から夜景を見ることで1日のうちにあった嫌なことを忘れることができます。これはあくまで個人の感想です。薄毛には、ストレスが大敵であると言われています。特に原因の1つであるホルモンバランスの乱れに直結します。ストレスを溜め込まないためにも色々なリラックス方法を実践するだけで変化があると思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.