毛玉で儲けた話

そして部屋がちょっと湿っていたりするとその体を膨らませて抗議をするのだったそんな意味が過ぎ三日目の朝私が目を覚ますと毛玉が一回り小さくなっていた。
毛玉毛玉を手に乗せたが毛玉はピクリとも動かなくなっていたおーい毛玉大丈夫か毛玉は全く動かないまるで普通の毛玉に戻ってしまったようだったとその時視界の隅で何かが動いた それは小さな毛玉だった小さくなった毛玉は私の手に乗ると嬉しそうにくるりと回転した。
どうも男の言う通り増えたらしい私は早速男に連絡をした増えましたかあ早速約束の金をちょっと待ってその笛竹がまーちゃんと動きますいや片方は動かないがじゃあ失敗です失敗はいそれは分裂じゃなくて脱皮ですねよくあるんですよ。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.