教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローン

教育ローンとはローンの使途を教育関係の費用に限定したローンになります。
受験を控えた学生の親御さんなどが学費や入学金などの支払いのために申請することが多いようです。
義務教育以上の学費はもちろんのこと、私立の小・中学校なども利用対象となります。
教育ローンの融資を実施している金融機関は銀行やノンバンクが取り扱っています。
注意事項としては金融機関によっては、保育園児は教育ローンが不適用となる場合がある事です。
埼玉りそなの教育ローンをご存知ですか?埼玉りそなの教育ローンはりそな教育ローンというサービスになります。
りそな教育ローン変動金利なので年に2回ほど金利が更新されます。
2017年12月25日現在(変動金利)の金利は2.20%ですが埼玉りそな銀行で住宅ローンを利用している人ならば。
住宅ローンご利用者プラン1.80%が適用されます。
最大借入可能額は500万円で返済期間は最長14年です。
在学中は利息のみの返済が可能だったりすでに学費を払い込んだ後でも3ヶ月以内なら借入れ可能などのメリットもあります。
教育ローンの返済方法を説明します。
教育ローンの返済は借りた月の翌月か翌々月から始まることになります。
利息は通常、借りた日の翌日から発生することになりますが、在学中は利息分のみの支払が認められている商品もあります。
返済期間についても最長で20年まで借り入れ可能というものがあります。
しかし、返済期間が長くなるほど返済金額はどんどん大きくなりますので注意しなければいけません。
教育ローンと言ってもいわゆる借金ということですので返済シミュレーションを行い、事前に返済プランを確認しましょう。
低金利有名な教育ローンと言えば国営の教育一般貸付です。
年1.76%(固定金利)で銀行やノンバンクと比べてかなりお得になっています。
銀行の教育ローンが3から5%、信販系は5から10%なので国のローンが群を抜いて低金利であると言えます。
学費以外にアパート代やパソコン購入費など教育に関する目的であれは幅広く利用することができます。
ただし、国の教育ローンは世帯年収の上限額が決まっており、対象となるのは高校や大学などで学びたいという中学校卒業以上の子供になります。
教育ローンの比較をする際はランキングサイトを利用すると効率的です。
金融機関に出向いたり電話で資料請求する手間は要りません。
金利や借入可能額については一覧表になっているため、比較も簡単です。
表の中には、来店の有無やローンのお勧めポイントが掲載されているサイトもあります。
銀行のHPへリンクが貼られていることが多いのでランキングサイトはとても便利です。
高校生の学費は安いと思っている方もいるかもしれませんが、私立なら年間70万円以上もかかります。
学費が払えないということになったらどうなってしまうのか?最悪の場合、除籍や退学という事にもなりかねません。
高校は教育機関のため、一定の猶予が与えられますが3か月以上滞納してしまうと、除籍もしくは退学という道を選ばざるを得ないかもしれません。
学費が滞っている時の解決策は借金になりますが借りる際には借入先は慎重に選びましょう。
教育一般貸付(国の教育ローン)なら低所得者の味方ですから安心して借りることができますよ。
教育ローンの申し込み方法を紹介します。
申し込み方法には郵送で送る方法やインターネットを利用した申し込み方法などがあります。
郵送の場合は最初に電話などで借入申込書を請求してください。
その後書類が届きますので、必要事項を記入し返送します。
ネットで申請する場合は事前診断コーナーがあるのでまずはそれを利用して借り入れ可能か診断しましょう。
仮審査の申し込みもWeb上で行うことができますし24時間いつでも受付けているところも非常に便利です。
仮審査の申し込み手続きが完了後に受付け完了メールが届くはずですから、必ず確認してください。
アルバイトでも収入があれば教育ローンを申し込むことは可能です。
ただし、融資を受けるには条件があり20歳以上の成人になっていないと借してもらうことはできません。
また、ローンを契約するには安定継続した収入が必要という条件が必須となっていることが多いので勤続年数が短いと審査に通り辛くなるかもしれません。
返済能力もローンを組む上で重要なポイントになりますので最低でも200万円以上の年収は必要になると思っておきましょう。
いずれにせよ、借主が学生本人というのはレアケースなので奨学金を申請した方が現実的だと思います。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.