敏感肌には刺激を減らすことと保湿が大切です

肌が敏感に傾いている時には、出来るだけ刺激を与えないようにすることが大切なので、洗顔も泡をたっぷりと作って擦らないように気を付けながら、泡で汚れを浮き上がらせるような感じで洗います。
その後のすすぎも強い圧のシャワーを直接かけるのではなく、両掌にぬるま湯を貯めてパシャパシャと泡を流します。あるいは弱めのシャワーをあてるようにします。その後は清潔なタオルでこすらず水分を吸い取り、すぐに化粧水をたっぷりと付けます。
この時化粧水はセラミドが配合されたものがお勧めで、肌のバリア機能を高める役割を担うので、かなり敏感になっている時でも安心して使えます。その後に私はオールインワンゲルをたっぷりと付けて、潤いが逃げないようにします。
以前は洗顔後にオールインワンゲルだけだったのですが、肌が過敏になって沁みるようになってきたので、セラミドでしっかりと保湿をしてからさらにゲルで蓋をするようにしています。それでも乾燥する口元には皮膚科でもらうヒルドイドソフト軟膏クリームをつけています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.