小説のアイデアはこうして生まれる

小説家は突然ここに連れてこられされたのだがこれまでの言動から白衣の男が何をしているのかを理解していた白衣の男は毎晩小説家の口から紡がれる物語を文字に書き起こし自分の作品として公開しているのだった。
白衣の男は医者だが本当は作家になりたいと思っていたしかし自分には物語を作る才能がないだから男は小説家を拉致して物語を作らせたのだった。
小説家はその事実を知ると毎晩紡ぐ物語の中に花を仕込んだ繊細なプロットを紐解いていくと必ず関係のない台詞が一つ浮かび上がってくる。
そのセリフがこの場所で小説家がこうしていることを伝えるヒントになっているの誰か気付いてくれ小説家の眼光はその一縷の望みによって光を失っていなかったのである。
しかしそんな小説家の医師よりも先に体が限界を迎えた小説家の眼光が消えかかっているどうした今日の話はなければ点滴は打てないぞ小説家はかすれ声で答えたもういい小説家の観光が消えそうです彼は目を閉じた小説家が次に目を覚ましたのは病院のベッドだった。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.