壊れたネジの豆知識

経年による劣化のせいで錆びついてしまったネジ。無理にドライバーで外そうとしても、固くて簡単に外れてはくれません。場合によってはネジの頭が潰れてしまいます。もしもそうなると、どうしようもなくなってしまうことも。
今回の雑学では、錆びたネジを簡単に取り外すことのできる裏技を紹介したいと思います。使用するものはアイロン一つだけです。まずは錆びついたネジの上からアイロンを3分ほどかけてください。そうすることでネジが膨張します。次に冷めるまで待ってください。膨張していたネジが収縮し、ネジと固定面の間に隙間が生じて行きます。
これでも固く感じる場合は、ネジの頭の部分をハンマーなどで叩くと、さらに外れやすくなります。このように嬉しい効果があるわけですね。あとはゆっくりと、普通にネジを外す感覚でドライバーを回してください。そうすればさびついたネジでも驚くほど簡単に取れるはずです。さびついたネジをですねこんな簡単に取ることができればですね。男としての質が上がるでしょう。
もう一つ雑学を紹介しておきましょう。どうしてネジは右回りで閉まるのでしょうか?なぜならば、腕を外側に回すときに力が大きく働くからです。ネジを回すときには力が要りますよね。そのためには周りにすれば、右利きの人の多くは外側に力をかけることができるのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.