個人事業主が利用できるファクタリング会社は審査が甘い傾向

ファクタリングの審査が本当に甘いのかというお話の前に、ファクタリングの仕組みを確認しておきましょう。売掛先企業や売掛債権の審査における重要なポイントとして、取引の継続性があります。

初めての取引先との売掛債権をファクタリングするのではなく、過去に取引の実績のある企業との売掛債権を持ち込むと、審査に通りやすくなるんです。

いろいろな種類のあるファクタリングの中から、この記事では完全買取型(ノンリコース)の2者間契約を前提としてご説明します。したがって、ファクタリングの契約は「債権譲渡契約」となります。わかりやすく言い換えると、売掛金を売買する契約です。

債権譲渡契約を他の取引契約に例えると、手形の割引や商品券の買取に近いです。手形の割引も商品券の買取も、売りに来た人の本人確認をするだけで所定の割引率で買い取ります。割引率というのは、額面の何%で買い取るかということです。

例えば、大手上場企業が振り出した手形なら額面の99%で買い取りましょう。ファクタリングの審査は、銀行からの融資などと比較すると通過しやすいといえます。ファクタリング審査 甘い

今回の記事では、ファクタリングの審査について重要視されるポイントなどを4つ紹介します。審査が甘いかどうかを判断するには、必要書類の量だけでなく内容も重要です。

必要書類に納税証明書や決算書がなければ、審査は緩いといえなくても、厳しくはないでしょう。

理由は、ファクタリングにおいて重視されるのは売掛先企業の信用であり、利用者の情報は本来あまり審査されないからです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.