ハチミツは腐らない

ハチミツとは、蜂が花から採取したミツを巣の中で加工したものです。ハチミツのラベルなどを見てみてみてください。賞味期限がとても長く設定されていますので、長期保存向けの食品です。sて、ハチミツが腐らないというのは正しいのでしょうか?
今回の雑学では、ハチミツが腐らない理由を紹介しますね。ハチミツは、80%の糖分と20%の水分から作られています。糖分は主にブドウ糖と果糖で構成されています。そのため、ハチミツを体内に吸収すると即発的にエネルギーに変わってくれるわけです。ハチミツよりもさらに栄養価が高く希少価値のある「ローヤルゼリー」とは何なのでしょう?ハチミツの高級バージョンというわけではないですよ。蜜蜂が食べたハチミツや花粉を体内で分解します。そして、クリーム状の分泌液として体外に排出されたものをローヤルゼリーと呼ぶのです。ハチミツと比べて栄養価が高いうえに、女王蜂の餌となるほど高級なのです
さて、ハチミツが腐るかどうかについて。食べ物が腐る原因は何かご存知ですか?それは細菌が繁殖することで腐敗するからです。細菌は、食べ物から繁殖するための栄養を吸収します。そして、細胞分裂を繰り返して大きくなっていくのです。どんな食べ物にも細菌は必ず含まれています。もちろん、ハチミツも例外でなく細菌が入っています。ですが、高すぎる糖度のために浸透圧の力が働きます。すると、細菌から水分を吸収してしまうのです。その結果、ほぼ全ての細菌は死滅してしまいます。これにより、論理的にはハチミツは一生腐らないのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.