インプラント治療が難しい理由

歯科治療の中でも、インプラント治療が難しいとされるのは、失敗すると、やり直しが非常に困難な治療だということです。自分の歯にかぶせるクラウンやブリッジと異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないので万が一、人工歯根があごの骨に定着せず骨とインプラントがしっかり結びつかなければ、再手術を迫られ、骨を深く削る大がかりなことになってしまいます。それに、埋入手術の際には埋入部分の周りで、神経を損傷するリスクは避けられません。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
しかし、理由として「あごの骨に十分な厚みがない」ことや「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば治療をあきらめるのはまだ早いのではないでしょうか。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかれば少し前なら、インプラント治療はできなかったケースでも治療できるところが増えてきました。現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で探すことを勧めます。インプラントは決して虫歯になりませんが、メンテナンスをしなくて良いと考えてはいけません。義歯やアタッチメントの損傷は寿命を縮めますし、歯茎と歯根の間に細菌感染が起これば歯周病で、インプラントを維持できなくなることが考えられます。自分の歯に対する手入れと同じで良いので必要なお手入れをきちんと指導してもらい、セルフケアは欠かさないようにしましょう。
また、定期的な歯科医のメンテナンスが絶対欠かせません。
どんな問題がインプラント治療にあるかを様々な情報ツールで調べたと思いますが、その中に、金属を埋め込むので頭部のMRI検査ができないという話があったのではないでしょうか。
でも、気にしなくて良いです。
MRI検査とは、身体に磁気を当てて画像を作ることです。金属があれば、そこは乱れて映ります。しかし、インプラントは主にチタンが使われているのでチタンの特性として、磁気には反応しないため検査には問題ないのです。
近年、インプラントの治療件数が増えてきました。
これは歯を抜いた、あるいは抜けた後で、歯根からあごの骨に埋め込んだ人工歯のことです。
従来から使われていたブリッジや入れ歯と比べると、歯根部から強固にあごの骨に埋まっているため自分の歯と同じような強度があり、他の歯に負担をかけずに、長く使い続けられます。現状では、インプラント治療は全て自費診療となるので治療にお金がかかることは承知しておいてください。
新たな歯科医療の形として注目されているインプラント。
その耐用年数は、ちゃんと使っていれば一生持つと言われるのですが、現実的には、施術後のセルフケアと、手術を担当する歯科医師の技術にも左右されると言われています。
口腔内のセルフケアがおろそかになっていると、数年でインプラントが劣化し、また手術を受けなければならなくなります。
加えて、歯槽膿漏などの病気を起こしてしまうと、人工歯根の土台となっているアゴの骨も弱ってしまい、人工歯が役に立たないどころか、インプラントの寿命も短くなってしまいます。
インプラントが世の中に定着した技術となった今日では、インプラントの専門医も登場し、失敗例は少なくなりましたが、今でも僅かながらトラブルの可能性はあります。埋め込んだ人工歯根が骨と十分癒着していなかったりして、硬いものを噛むと歯がグラグラしてしまうなど、問題となる不具合が報告されています。これは、インプラント手術の経験が浅い歯科医が担当していることが要因となっています。インプラント専門医や、それに類する技術を持った歯科で治療を受けるようにしましょう。
インプラントは人工歯なので永久に虫歯から免れますが、インプラント周囲の組織に異常が起こることはあります。
長期間快適にインプラントを使うためには日頃のケアが重要で、歯周病を予防するために、毎日のセルフケアと定期検診はずっと続きます。もしも、インプラントの周りで腫れや出血があればインプラント周囲炎を疑ってください。
放置すると炎症が広がるので一日でも早く歯科医の診療を受けましょう。
高額なインプラントは、一体何年くらいもつのかというと、長期間の使用例が少ないため定説になっていませんが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。とすれば、普段のメンテナンス次第で長期にわたって維持できますが、ケアが十分でなければ歯周病など、異常が起こることがあるということを肝に銘じておくべきです。
入れ歯では噛んだ感じがしない方や、あるいは入れ歯だと見た目が気になるという方にぴったりくるのはインプラントです。
人工歯根をあごの骨に埋め込む手術をして、その上にセラミックなどでできた人工歯をかぶせます。入れ歯に比べれば費用はかかりますが周囲にもそれと気づかれにくく、噛み心地が自分の歯に近く、食べ物も美味しく噛めます。見た目が気になる、あるいは自分の歯と同じような使用感を重視する方には最適です。
歯科医にインプラント治療をすすめられるケースとしては、周辺の歯に関係なく治療したいという場合があります。
ブリッジ治療で考えると、両隣の歯は義歯の支えになるので、一周削ることになります。
インプラントはあごの骨に歯根を埋入するので、失った歯だけを根元から再生する治療になります。両隣の歯は健常なので、削りたくないという希望がある方にはインプラント治療を優先して良いでしょう。
他の歯科治療同様、インプラント治療で大事なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。
最新の治療を実施できる技術があることは言うまでもなく、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで歯科医の技量は厳しく問われるので差は大きいと断言できます。
インプラントは、他の治療に比べても、歯科医による結果の差が大きい治療法だと考えて欲しいのです。
歯科医選びに全力を尽くすことがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。無くなった歯をインプラントで補ってからというもの、前はしなかった口臭がするようになったということも一部で見られます。
インプラントで見栄えがよくなってもこれでは意味がありません。
この原因としては、歯茎の合間に溜まった食べ物が口臭の元となっていたり、歯周病と似た病気である、インプラント周囲炎を発症している可能性も考えられます。そのようなケースでは、早期に診察してもらうことが大切です。どんなケースであっても、インプラント治療を受ける際に重視してほしいのは歯科医と歯科医院をどのように選ぶかです。
一般的な歯科治療の腕だけでなく、特殊な技術を求められるのでたくさんの症例を治療してきたなるべく経験豊富な歯科医に治療してもらうように努めてください。
また、それに加えて、必要な費用についてきちんと話してくれる、きちんと感染症対策がなされている、どんなささいな疑問も解決に努め、口腔内の状態を説明してくれるなどのことも重要なチェックポイントになります。
歯科治療のインプラントとブリッジ、どこが違うかといえば、インプラント治療は、あごの骨を削って穴を開け、人工歯根(インプラント体)を埋入し、それが落ち着いたところで上に義歯をつけます。
ブリッジ治療では、義歯をつけるために欠損歯の両隣を支柱のように削り、上からブリッジをかぶせるのです。
治療後、一見した感じでは、ほとんどの場合、インプラントが良いと言えます。加えて、ブリッジ治療では、健康な歯をブリッジのために削ることを迫られるのが痛いところです。人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、インプラントが金属アレルギーで入れられないことはまずありません。
骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーを起こすことは極めてまれな素材を使っているためです。インプラント治療は基本的に保険外治療で全額自費を覚悟しましょう。
ですから、経済的な負担を最低限にするためにも、金属アレルギーの患者さんはアレルギーの可能性について、治療を始める前に歯科医に話しておくと不安や誤解がないでしょう。
インプラント埋入手術の後、気をつけることですが、しばらくの間、極力安静に過ごすように努めましょう。日常生活には極端な制限はありませんが、普通の生活を上回る強度の運動は避けた方が良いです。血行が促進され、出血が続く恐れもあるためです。
運動を習慣にしている方の場合はいつから再開して良いか、歯科医と共通理解しておくと良いでしょう。いわゆる困難な症例で、真にインプラント専門の歯科医の治療を受けようとすれば海外に渡ってでも治療を受けるというのもありえます。インプラントの治療技術が特に発展しているのは北欧諸国で、世界各国から集まった歯科医が、研修して技術を身につけています。一生使える第二の歯を求めて、安易に妥協せず、まずもって、情報集めに全力を尽くすことをがんばってみましょう。
インプラント治療を考えている方に知っておいてほしいことですが、治療中でも、治療後もそれとわかることはめったにありません。
一見したところ、自分の歯と同じくらい自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは気にする必要はありません。自分の歯と変わらない見た目を選ぶ方には優先したい治療方法ですね。虫歯がかなり悪化して、抜くしかなくなってしまいました。ブリッジでもいいですよと言われましたがインプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて自分の気持ちが固まりました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますが自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。治療後、噛めるようになると、ほどなく自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.